はじめまして。
入局1年目の者です。
私は関西生まれ、秋田大学卒業。初期研修は東北大学病院で行いました。もともと精神科を志して来仙したのですが、初期研修中に考えが変わり一旦他の科に進みました。数年後、やはり精神科が学びたくなり、2013年の6月に精神科に入局しました。受けいれてくださった医局の皆様には本当に感謝しています。

精神科の毎日は楽しいです。日々の仕事は、主に病棟の担当患者さんの回診や、外来で予診をとったりすることなどです。患者さんと話をしていく中で、いろんな人生が浮かび上がってきて、わからないなりにいろいろ考えます。週に1回、新入院カンファがあり、活発な討論が行われます。また新人講義、教授のクルズス、抄読会等があり、勉強したり考えたりする環境が整っていてとても恵まれていると感じています。困ったことがあれば、少し上の先輩たちが手取り足取り教えてくださり、大変心強いです。先生がたくさんいるので、いろんな先生のやり方を見ることができます。初めはわからないことだらけだけど、受け持ちの患者さんについてゆっくり考えて対応したり勉強する時間もあります。こういう所も大学病院で研修することの良いところだなと思います。週に1回は、外の精神科単科病院で研修しています。

仙台についてですが、気候が良くて夏は涼しく、冬も大雪が降らないので快適です。そこそこ都会度も高く、暮らしやすいです。関西出身の私が言うのもなんですが、とても良いところです。永住したいとすら思っています。

私のように他の科から転職した人、他の科を志望していたけど直前に精神科に進む決心をした人、社会人経験を経て医者になった人(私もですが)、医局にはいろんな経歴の先生もいます。出産して子育てされながら勤務されている女医さんもたくさんいます。そういった人生で少し寄り道した経験も、精神科医としての仕事に生かせるのではないかと思っています。もちろん、生まれてから精神科医一直線の人も大歓迎です。

よろしければ、ぜひ一緒に研修しませんか?見学や説明会だけでも大歓迎です。お待ちしています。(担当H)


PAGE TOP ↑