精神生理・認知神経科学グループ

はじめに

本研究グループでは、統合失調症などに代表される精神障害における脳の働き(認知機能)に着目した研究を行っています。特に、臨床研究に力を入れており、臨床に役立つ客観的な脳の機能評価や脳構造の指標を開発することを目指しています。特に、精神病の早期段階に注目しており、早期精神病グループと密接に連携しながら研究を行っています。

精神病早期段階における神経認知機能の評価のために、統合失調症認知機能簡易評価尺度 (The Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia: BACS) 検査やウィスコンシンカード分類テストなどを実施し、解析を行っています。また、記憶や注意力といった神経認知機能だけでなく、感情プロソディの認知や相手の心について理解する能力(心の理論)などに代表される社会的認知と呼ばれる機能や、認知的洞察や認知スキーマといった視点からも研究を進めています。

また、認知トレーニングによって、統合失調症を有する方の認知機能の改善をめざすというテーマでの研究にも取り組んでいます。

精神病早期段階の脳構造の特徴について調べる研究を進めており、脳MRIを用いた研究を行っており、Statistic Parametric Mappingを用いた解析を進めています。また、精神病における自我障害と脳機能の関係についてfMRIを用いた研究の準備を進めています。

研究テーマ

  1. 認知機能研究
    1. 早期精神病の認知機能障害に関する研究(大室、内田、伊藤、松本)
    2. 統合失調症の感情プロソディ認知に関する研究(伊藤、松本)
    3. 早期精神病における心の理論機能に関する研究(大室、内田、伊藤、松本)
    4. 統合失調症における認知機能トレーニングに関する研究(飯塚、内田、松本)
    5. 早期精神病における認知的洞察に関する研究(内田、松本)
    6. 早期精神病における認知スキーマに関する研究(内田、桂、松本)
  2. 構造MRI研究
    1. 早期精神病における脳構造変化に関する研究(佐久間、小原、菊池、松本)
  3. fMRI研究
    1. 精神病における自我障害と脳機能に関する研究(菊池、佐久間、松本)

最近の主な活動

論文・著書

  • Ettinger, U., Schmechtig, A., Toulopoulou, T., Borg, C., Orrells, C., Owens, S., Matsumoto, K., van Haren, N.E., Hall, M.H., Kumari, V., McGuire, P.K., Murray, R.M., Picchioni, M. Prefrontal and striatal volumes in monozygotic twins concordant and discordant for schizophrenia. Schizophr Bull, 38(1): 192-203, (2012)
  • 内田知宏,川村知慧子,三船奈緒子,濱家由美子,松本和紀,安保英勇,上埜高志:日本版Brief Core Schema Scale を用いた自己,他者スキーマの検討―クラスターパターンの類型化および抑うつとの関連.パーソナリティ研究, 20: 143-154, (2012)
  • Stone JM, Abel KM, Allin MP, van Haren N, Matsumoto K, McGuire PK, Fu CH. Ketamine-induced disruption of verbal self-monitoring linked to superior temporal activation. Pharmacopsychiatry, 44: 33-48 (2011)
  • 松岡洋夫、松本和紀:統合失調症の早期介入と予防:認知障害の視点.臨床精神薬理, 13: 3-11 (2010)
  • Uchida T, Matsumoto K, Kikuchi A, Miyakoshi T, Ito F, Ueno T, Matsuoka H: Psychometric properties of the Japanese version of the Beck Cognitive Insight Scale: relation of cognitive insight with clinical insight, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 63: 291-297, (2009)
  • 松岡洋夫、松本和紀:精神疾患における認知機能Cognitive functions in psychiatric disorders.  精神疾患と認知機能(山内俊雄編).新興医学出版社、東京.(2009)
  • 伊藤文晃, 松本和紀, 大室則幸, 内田知宏, 濱家由美子, 宮腰哲生, 中村真樹, 松岡洋夫:“アットリスク精神状態”における認知機能障害.脳と精神の医学19:195-202, (2008)
  • Fu CH, Brammer MJ, Yaguez L, Allen P, Matsumoto K, Johns L, Weinstein S, Borgwardt S, Broome M, McGuire PK, van Haren N:Increased superior temporal activation associated with external misattributions of self-generated speech in schizophrenia. Schizophr Res, 100:361-3,(2008)
  • Ettinger U, Picchioni M, Laudau S, Matsumoto K, van Haren, NE, Marshall, N, Hall M, Schulze K, Toulopoulou T, Davies N, Ribchester T, Murray RM: Magnetic Resonance Imaging of the Thalamus and Adhesio Interthalamica in Twins with Schizophrenia; Archives of General Psychiatry, 64: 401-409, (2007)
  • 伊藤文晃, 中村真樹, 三浦伸義, 藤山航, 松本和紀, 松岡洋夫: 統合失調症における言語性記憶の近赤外線スペクトロスコピーによる検討. 精神医学 49:1005-1012, (2007)
  • 松本和紀, 伊藤文晃, 大室則幸, 桂雅宏, 今泉修, 松岡洋夫:精神病症状に対する脆弱性としてのプロソディ(音声の韻律的特徴)受容の障害. 精神神経学雑誌109: 759-764, (2007)
  • 伊藤文晃、松本和紀、杉浦元亮、今泉修、川島隆太、松江克彦、松岡洋夫: 機能的磁気共鳴画像を用いた感情プロソディ研究, 東北福祉大学感性福祉研究所年報8; 55-61, 2007
  • Matsumoto K, Samson, GT, O'Daly OD, Tracy DK, Patel AD, Shergill SS: Prosodic discrimination in patients with schizophrenia; British Journal of Psychiatry, 189:180-81, (2006)
  • Fu CH, Vythelingum GN, Brammer MJ, Williams S, Amaro E, Andrew CM, Yaguez L, van Haren N, Matsumoto K, McGuire PK: An fMRI study of verbal self-monitoring: neural correlates of auditory verbal feedback; Cerebral Cortex, 16:969-77, (2006)
  • Yoshida S, Numachi Y, Fukushima S, Matsumoto K, Yamazaki H, Osakabe K, Matsuoka H: Psychophysiological differences in identical twins discordant for schizophrenia: a critical index for the onset of schizophrenia; Tohoku Journal of Experimental Medicine, 209:159-62, (2006)
  • 伊藤文晃, 中村真樹, 三浦伸義, 藤山航, 松本和紀, 刑部和仁, 松岡洋夫: 近赤外線スペクトロスコピーによる統合失調症患者のTheory of Mind障害の検討.脳と精神の医学17:169-178, (2006)
  • 伊藤文晃、中村真樹、三浦伸義、藤山航、松本和紀、松岡洋夫: 近赤外線スペクトロスコピーによる統合失調症患者のTheory of Mind障害の検討, 脳と精神の医学17, 169-178, (2006)
  • 伊藤文晃、松本和紀、近藤直洋、海老名幸雄、松岡洋夫: プロソディと統合失調症−プロソディの脳神経機構と統合失調症におけるその障害.脳と精神の医学16:279-285, (2005)
  • 伊藤文晃、中村真樹、三浦伸義、藤山航、刑部和仁、松岡洋夫: NIRSによる強迫性障害患者の前頭葉機能の評価, 強迫性障害の研究6; 39-45, 2005
  • Matsumoto K, Yamazaki H, Nakamura M, Sakai H, Miura N, Kato T, Miwa S, Ueno T, Saito H, Matsuoka H: Reduced word repetition effect in the event-related potentials of thought-disordered patients with schizophrenia. Psychiatry Research 134:225-231 (2005)
  • McGuire P & Matsumoto K: Functional neuroimaging in mental disorders. World Psychiatry 3(1), 6-11 (2004)

学会発表

  • 内田知宏,松本和紀,大室則幸,桂雅宏,濱家由美子,砂川恵美,前澤裕子,石井優,高杢高志,松岡洋夫: At-Risk Mental Stateにおける認知機能障害と認知的洞察との関連, 第16回日本精神保健・予防学会学術集会, 2012
  • Noriyuki Ohmuro, Kazunori Matsumoto, Masahiro Katsura, Atsushi Sakuma, Kunio Iizuka, Tatsuo Kikuchi, Chika Obara, Yumiko Hamaie, Tomohiro Uchida, Emi Sunakawa, Fumiaki Ito, Hiroo Matsuoka: Association of deficits in theory of mind and functioning in at-risk mental states and first-episode psychosis, 8th International Conference on Early Psychosis, 2012
  • Masahiro Katsura, Kazunori Matsumoto, Tomohiro Uchida, Noriyuki Ohmuro, Tatsuo Kikuchi, Chika Obara, Yumiko Hamaie, Emi Sunakawa, Hiroo Matsuoka: Negative schemata and positive symptoms in ARMS:Comparison with FEP using the brief Core Shema Scales.8th International Conference on Early Psychosis, 8th International Conference on Early Psychosis, 2012
  • Tomohiro Uchida, Noriyuki Omuro, Masahiro Katsura, Yumiko Hamaie, Emi Sunakawa, Kazunori Matsumoto, Hiroo Matsuoka: Cognitive insight and attenuated positive symptoms in At-Risk Mental State, 3rd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2012
  • 大室則幸、伊藤文晃、桂雅宏、濱家由美子、内田知宏、橋綾、松本和紀、松岡洋夫: ARMS(at-risk mental state)の認知機能障害と臨床症状および全般的機能との関連について, 第6回日本統合失調症学会, 2011
  • Noriyuki Ohmuro, Fumiaki Ito, Yumiko Hamaie, Tomohiro Uchida, Hirotoshi Sato, Masahiro Katsura, Atsushi Sakuma, Kazunori Matsumoto, Hiroo Matsuoka: A neurocognitive assessment of the performance of individuals at ultra-high risk of psychosis, using the Japanese version of the Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia (BACS), 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010
  • Fumiaki Ito, Tomohiro Uchida, Noriyuki Ohmuro, Tetsuo Miyakoshi, Kazunori Matsumoto, Hiroo Matsuoka: Prefrontal cortical activation in patients with first episode schizophrenia as measured by near-infrared spectroscopy, 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010
  • 内田知宏、松本和紀、大室則幸、宮腰哲生、伊藤文晃、濱家由美子、川村知慧子、上埜高志、松岡洋夫: 精神病発症リスク状態(At-Risk Mental State: ARMS)における認知的洞察と自己・他者スキーマ, 第5回日本統合失調症学会, 2010


(2013.7.8改訂)

→研究活動TOPへ