デイケア

当デイケアの特徴

当院精神科デイケアは、平成17年10月に開設されました。デイケアの開設により、 急性期の入院治療から社会復帰までの一貫した治療が院内で提供できる事になりました。

当デイケアの特徴は、小規模デイケア(定員14名)という利点を生かし、 スタッフとの家族的な雰囲気を大事にしている所です。 また、利用期間を6ヶ月に限定(状況によっては更に最長6ヶ月間の延長可能)しており、 デイケアを一つの通過点と位置付け、次のステップに繋げるという目的意識を明確にして取り組んでいます。

デイケアではプログラムや集団での活動を通して、生活リズムを整えたり、 人との付き合いを振り返ったりしながら、メンバーの一人一人が次の目標に向かうためのサポートをしています。

デイケアプログラムは、生活技能の向上、対人能力向上、 本人や家族の心理教育の3つを中核的柱として構成されています。 主な心理教育として、医師による病気の理解やストレスの対処法などの講義をはじめ、 外部からも講師を招き、メンバーに様々な情報を提供しています。 また、家族への支援として月に一度家族プログラムを行なっています。